介護・福祉

介護・福祉

死のデゥーラ  死神のお手伝い!

高齢で今にも死にそうな人にどのような声を掛けますか?行ってらっしゃい?戻ってきて?きっとそれは今までの接し方によって違いは出てくることでしょう。安心して逝ける事を御手伝いする方がいるそうです。死のデゥーラ!いったい彼らは何者なのでしょうか?
介護・福祉

障害者と健常者 少数派はとても不安!

みなさん、俗に言う少数派という立場に立った事はあるでしょうか?先天的に少数派の立場になった方々の事を想像してみた事があるでしょうか?多数派の見えない圧力や無関心が少数派の生きづらさを増していきます。今すぐできる事を考えます。
介護・福祉

日本のために命を捧げよ!? 高齢者と自殺の歴史(切腹、特攻、集団自決)

日本人の高寿命化により人手や費用の問題が話題になり、とうとう老人には集団自決を!のようなワードが出てきました。このような話題が出るのは必然のように感じます。そこで、自分はどうありたいのか真剣に考える時期がきました。誰かのために死にたいですか?
介護・福祉

歳老いた親を殺せますか?延命治療と家族会議

高齢の親を持つ方は是非真剣に考えていただきたい。親の最期について具体的に考えていますか?治療法を病院や先生に任せきりにすると悲惨で虚しいお別れになってしまう可能性があります。元気なうちに、最期の在り方を家族で話し合う事を強くお勧めします。
介護・福祉

命の重さは何グラム? 老人介護

いのちに重さはあるのと思いますか?それはきっとあるでしょう。子供の頃は親が死ぬという事を想像すると怖かったでしょう、しかし大人になって親を介護する立場になったら先の見えない現状や経済面での心配事が付きまといます。命が軽くなってのでしょうか?
介護・福祉

リヴィングウィル実践編 死をプレゼントする

リビングウィルご存じでしょうか?自分が病気で死にそうな時の治療をどこまでやるかということを生前から残しておくという取り組みです。延命治療への思いを紙に書くという作業よりももっと大切な発見がありました。実際やってみましたので感想を綴ってみました。