自殺

歴史

日本人と自殺と惣村 自殺とイジメは潤滑油?

日本人は忖度とかしきたりとか暗黙の了解とか、何かと自分自身の個性を消して生きる場面が多いように感じます。どうしてなのか?いといろ理由はあろうかと思います。今回は室町時代~鎌倉時代の歴史や風習から日本人の生きずらさを見てみたいと思います。
歴史

極限状態でいかに死ぬか? 娘の首を二度絞め殺す話

絶体絶命の大ピンチが訪れたらどうしますか?挫折や失敗というものでは無くて、本当の死が目前に迫って来た時の話です。自分で死を選ぶのか?生き延びようとするのか?それぞれあると思いますが、絶体絶命が訪れる前にシミュレーションをしてみようという提案です。
歴史

命は誰のためにある? ある軍人一家の話

命は誰のためにあると思いますか?命を捧げる事はできますか?戦争時代、特攻兵の教官とその家族の物語。自らの命を捧げ、誰かのために死んでゆく。死の連鎖はついに小さな子供たちにまで及ぶ事になる。最期に何が残ったのか?そこには誰もいなかった。
精神

対話型AIで救われたのか? 自殺したベルギー男性

対話型AIにのめり込んで自殺をしてしまったベルギー人男性。自殺の直接的動機の内容は時代の流れにより急速に変化しています。AI技術の発展は止まる事は無いでしょう、人間の生きる希望や目的を見出すことがAI時代、より良く生きるコツになるでしょう。
人類

戦争や自殺は人類に必要!? 人間の数は人間が管理する

戦争や自殺は人間にとって必要なモノなのではないだろうか?人間は戦争、自殺などによって自らの数を調整している、ウィルスなどの疫病と共に進化してその数を調整しているという視点で考えてみました。人間の数を減らすのは人間の役目なのか?
自死

自殺・事故現場に花束はいらない!金を出せ!

死亡事故や殺人事件の現場に 関係者でもない 、知り合いでもない人が大勢花をたむけに来る事 どう思いますか?という質問に”優しいい人”なのだと思う人が多かったのでした。花束よりもお金を上手に使って自分の心も浄化してみなせんか?というお話です。
自殺

旅を終え、自殺したバイク乗り 達成死

「達成死」私が勝手に造った造語です。何かを成し遂げた後に自殺を実行しようとすることで、その行動は尊くて、光り輝く。より密度の濃い生き方ができるのではないか?密度の濃い時間を過ごすことができるのなら、生きる希望になりうるか?考えてみました。
自殺

餓死で死ぬという提案

死にたいなんて思う事ありますか?本気で死にたいと思ったらその方法を考えますよね?”餓死”なんでいかかですか?絶対に無理だと考えるのは普通でしょう。しかし栄養を摂らずにいると、きっと何かが見えてくるのではないか、なんてことを考えてみました。
健康

首を絞めてみた…呼吸法に学ぶ

首吊り自殺の一歩手前には何があるのかな?自分で自分の首を絞めてみました、その時の感想です。昔の人は呼吸法の大切さを知っていました。呼吸法が精神、身体、内臓、神経にどのように作用しているのかを考えて、体感できた事学んだことを綴っています。
自殺

なぜ若者の自殺だけを特別視?死にたい若者に言いたい事

死にたいと感じる若者への助言は有識者が何を言っても刺さりません。自分の事を人としてではなく若者として見られていて、若者という世間一般的な価値観に勝手にはめ込まれている事に違和感を感じるからです。若者の自殺だけを特別視することに異を唱えてみました